【2018年ハロウィン】ディズニーリゾートの仮装を楽しむためのルール

こんにちは!

2018年9月11日からは、ディズニーリゾートでハロウィンのイベントが始まります。

仮装ができるのは、イベント開始前日の9月10日から♪

今回は、もうすぐ始まるハロウィンのイベント前に、仮装のルールをまとめました。

みんなでルールを守って、仮装を楽しみましょう!

スポンサーリンク
レクタングル大

仮装ルールの大原則!仮装できるのはディズニーキャラクターだけ!

レッツ・パーティグラ!のミニー

パーク内で仮装できるのは、ディズニーキャラクターだけです。

ディズニーキャラクターであれば、2018年9月10日~10月31日までの間、いつでも全身仮装をして入園できますよ。

仮装できるキャラクターは、以下のように決められています。

■ディズニー映画、番組、ゲームに登場するディズニーキャラクター(マーベルは除く)
■ディズニーランド、ディズニーシーに登場するキャラクター
■ディズニーランド、ディズニーシーのショーやパレードに出演するダンサーなど

映画は、実写もOKです。

ショーやパレードの衣装は、過去に実施していたものでも可。

ディズニー・ハロウィーンの仮装で禁止されていること

ディズニーキャラクターやディズニーリゾートに関する衣装であっても、禁止されていることがあります。

知らずにルール違反をしてしまった…ということにならないよう、事前に禁止事項を確認しましょう。

中学生以上のキャストの仮装

エントランスのオレンジ色の花壇

ディズニーリゾートのキャストの仮装は、小学生以下のお子さんのみ可能です。

中学生以上の方は、キャストのコスチュームの仮装をすることができません。

大人がキャストの衣装を着てしまうと、本物のキャストとの区別がつかず、困ってしまうお客さんが出てきてしまいますよね。

裾を引きずる丈の長いドレス

ドリーミング・アップ!の白雪姫

ディズニープリンセスの仮装でも、裾を引きずるほど丈が長すぎるドレスは禁止されています。

誤って裾を踏まれてバランスを崩したら、かなり危険ですよね。

キャラクターのイメージを損なう仮装

ディズニーキャラクターのイメージを損なう仮装や、雰囲気に合わない仮装は禁止です。

他のお客さんが不快な思いをしないようにしましょう。

過度なメイク・顔がわからなくなる仮装

バルボッサ

顔に肌の色と違う色を塗ったり、お面をつけたりするような仮装は、ルール違反になります。

ハロウィンでよくある、血や傷跡のメイクもNG。

過度なメイクは避けましょう。

過度なメイク・顔がわからなくなる仮装の例

■肌の色と違う色で顔を塗る
■血や傷跡を描く
■血のりや傷跡などのシールを貼る
■つけひげ
■お面・つけ鼻・ゴムマスクなどの着用

危険なアイテムの持ち込み

ケープコッド・クックオフ右側のハピエストミッキースポット

他のお客さんがけがをする可能性があるアイテムは、パークに持ち込むことができません。

持ち込みができるのは、「幅60㎝×高さ50㎝×奥行25㎝」のバッグなどに入るものです。

長いもの、大きすぎるもの、危険な小道具は持って行かないでください。

パークに持ち込みができないアイテム

■長い棒、杖
■ヘルメット、スポーツ用品
■楽器
■危険物:作りもののナイフ、モデルガン、花火など
■ローラーのついたもの:インラインスケート、キックボード、スケートボードなど

露出の多い服装

セバスチャンのカリプソ・キッチンの店内

露出の多い衣装では、パークに入園することができなくなります。

アンダーウェアや上着を着用して、肌の露出を少なくしましょう。

水着、下着が見えている仮装も禁止です。

露出の多い服装の例

■肩ひものないもの
■お腹の露出
■全身タイツ
■水着、下着

着替えや撮影時の禁止事項

ディズニーリゾートで決められている、着替えや撮影時の禁止事項です。

周囲の人の迷惑にならないよう、ルールを守って仮装しましょう!

トイレなどでの着替え・メイク

ヴィランズのデコレーション

仮装の着替えやメイクに、ディズニーリゾート内の公共スペースを利用することは禁止されています。

仮装ができる期間中は、専用の着替えスペースが用意されていますので、必ずそちらを利用しましょう。

着替えスペースの運営時間は、開園1時間前~閉園時間(22時)までです。

混雑して長時間待つ場合もあるため、ホテルや自宅で着替えられる方は、着替えてから入園した方が早いかもしれません。

通行の妨げになる行動・場所の占拠

ヴィランズのデコレーション

パークは、撮影会場ではありません。

パークを楽しむお客さんのために、通行の妨げになる団体行動や場所の占拠など、迷惑行為はやめましょう。

撮影も、場所を譲り合ってできると気持ちいいですよね。

他人を許可なく撮影する

スターツアーズ右側のハピエストミッキースポット

ハロウィンのパークには、相当クオリティの高い仮装をする方や、過去に実施されたショーのすてきな衣装を着ている方がいらっしゃいます。

思わず写真や動画を撮りたくなっても、まずは必ずお相手に許可を取りましょう。

SNSなどに載せたい時も、許可を得ることを忘れずに。

許可なしの勝手な撮影、ネット上へのアップロードはマナー違反です。

まとめ

2017年のハロウィンのパレード

2018年の、ディズニー・ハロウィーンの仮装ルールをまとめました。

基本のルールはこちらです!

■ディズニーキャラクターの仮装をする
■危険なものを持ち込まない
■他人が不快になる服装をしない
■他人の迷惑になることをしない

ルールを守って、楽しく仮装してくださいね♪

おすすめの関連記事

【ディズニーランド】2018年のハロウィンはゴーストが主役!

【ディズニーシー】2018年のハロウィンもヴィランズの世界へ!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

フォローする

関連コンテンツとスポンサーリンク



スポンサーリンク
レクタングル大