全シーズン対応!ディズニー持ち物リスト

こんにちは!

「ディズニーリゾートへ行く予定だけど、この時期はどんなものを持って行けばいいの?」とお悩みではありませんか?

今回の記事では、ディズニーリゾートで必要な持ち物をリストにしてまとめました。

必需品はもちろん、各季節に必要な持ち物もわかります。

全シーズン対応です!

記事を読んでわかること

■ディズニーリゾートへ行く時の必需品
■必要に応じて持って行きたいもの
■各季節で必要になる持ち物

スポンサーリンク
レクタングル大

ディズニーリゾートへ行く時の必需品

ディズニーリゾートへ遊びに行く時の必需品です。

特にチケットは、忘れてしまうと買い直さなくてはいけないので、出かける前に必ず確認しましょう!

チケット

ディズニーリゾートのチケット

パークの入場に必要なチケットは、ディズニーリゾートのお出かけの必須アイテム。

もし入園制限がかかると、窓口でチケットを買えなくなります。

チケットを忘れてしまったら、最悪の場合パークに入ることすらできなくなりますので、絶対に忘れないようにしましょう。

チケットを購入するおすすめの方法は、こちらの記事で詳しく説明しています。

【おすすめの購入方法も】ディズニーリゾートのチケット購入方法とそれぞれのメリット・デメリットを知ろう!

スマホ・携帯電話

iPhone

スマホや携帯電話は、パークで待ち時間を確認したり、待ち合わせをしたり、暇つぶしをしたり…と、お出かけには欠かせないですよね。

事前に「東京ディズニーリゾート・アプリ」や「ショー抽選アプリ」などをインストールしておくと、お買い物や抽選にかかる時間を省くことができますよ。

ショー抽選については、こちらの記事で詳しく説明しています。

【ディズニーランド・ディズニーシー】ショー抽選の方法を解説!外れた時の対処法も

東京ディズニーリゾート・アプリでおみやげを買うメリットと注意点は、こちらです♪

東京ディズニーリゾート・アプリで買い物の待ち時間ゼロ!ショッピング機能が搭載!

健康保険証

パーク内で体調を崩してしまう可能性もあるので、お出かけ前に健康保険証が入っているか確認しておきましょう。

お子さんがいる方は、お子さん全員分の保険証も忘れずに。

ペットボトルの飲み物

ペットボトル

パーク内のレストランやワゴンは、タイミングによって行列ができていることがあります。

飲みたい時にすぐ飲めるよう、ペットボトルの飲み物を持参しておくと安心ですよ。

特に、夏や混雑日に行く場合は必須の持ち物です。

タオル

ニモのフェイスタオル

どの季節でも使えるのがタオルです。

汗を拭く、雨にぬれた部分を拭く、大きめのタオルをひざ掛けの代わりにする…など、とにかく万能で持っていると便利!

必要に応じて持参したい持ち物

ミッキーとミニーのサイン

あると便利な、必要に応じて持参したい持ち物をまとめました。

当日の天候、ショーやグリーティングの予定などを考慮して、荷物に入れるか決めましょう。

必要に応じて持参したい持ち物リスト

■モバイルバッテリー
■カメラ
■レジャーシート、折りたたみ座布団
■雨具
■ウェットティッシュ
■ばんそうこう
■ディズニーリゾートのガイドブック
■サイン帳、ペン

レジャーシートや折りたたみ座布団は、ショーやパレードを見る予定があるなら持って行くことをおすすめします。

ショーやパレードは、見終わるまでに30分くらいかかりますので、地面に直接座るとお尻が痛くなってしまうんですよね。

パークで売っているレジャーシートは、大人2人が座れる程度の大きさです。

3人以上で座るなら、大きなレジャーシートを持参するか、パークのレジャーシートを2枚買うか…ということになります。

ばんそうこうは、靴ずれ対策に持っておくと安心です。

「ディズニーリゾートにあまり行ったことがない」「初めて行く」という方は、購入したガイドブックを持って行ってもいいですね。

見慣れているものの方が安心でしょうし、アプリと違ってスマホの充電を気にする必要もありません。

スポンサーリンク
レクタングル大

季節ごとの必要な持ち物

アラビアンコーストのスティッチ

ここからは、各季節で必要になる持ち物のリストです。

暑さ、寒さ、紫外線などの対策がメインになります。

春:3~6月

春のアラビアンコースト

春の基本の持ち物はこちらです。

■ブランケット、ストールなど
■温度調節用のパーカー、カーディガンなど
■帽子
■マスクなどの花粉症対策グッズ

春は寒暖差のある季節。

特に朝方と夜は、まだ肌寒いことも多いですよね。

3~4月はブランケット、5~6月もストールなどがあると重宝します。

暖かくなってくる5月以降は、日差し対策もしておきましょう。

5月以降に追加したい持ち物

■帽子、日傘
■日焼け止め

スポンサーリンク
レクタングル大

夏:7~9月

ディズニー夏祭りのデコレーション

夏は、紫外線と熱中症対策を万全にしていくことが重要です。

屋内はクーラーで冷えている場所もあるので、カーディガンやストールもあるといいですよ。

夏の持ち物

■帽子、日傘、サングラスなどの紫外線対策グッズ
■日焼け止め
■薄手の羽織もの、ストール
■デオドラント用品
■ゴミ袋などショーの防水グッズ
■スポーツドリンク、塩分を含んだタブレットなどの熱中症対策グッズ

夏のショーの防水対策は、こちらの記事で詳しく説明しています。

【必見】ディズニーリゾートで夏のショーを見るなら知っておくべき防水対策

スポンサーリンク
レクタングル大

秋:10~11月

ハロウィーンのディズニーリゾートライン

秋は、朝と夜が肌寒くなる時期です。

日中は比較的暖かいので、温度調節ができるものを持って行きましょう。

秋の持ち物

■ブランケット、ストールなど
■温度調節用のパーカー、カーディガンなど

スポンサーリンク
レクタングル大

冬:12~2月

ディズニー・クリスマス・ストーリーズのアナとエルサ

ディズニーリゾートのある舞浜は海に近く、冬はとても寒いです。

特に、ディズニーシーは多くのエリアに水辺があり、極寒と言ってもおかしくないほど。

寒さ対策を万全にして行ってくださいね。

冬の持ち物

■帽子、耳当てなど
■マフラー
■手袋
■カイロ
■ブランケット、フード付きタオルなど

帽子は、耳が隠れるものがおすすめです。

ニット帽は、上の膨らみが後ろの方の視界を妨げる可能性があるので、ショーやパレード中は脱いでおくようにしましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大

ディズニーランド・ディズニーシーに持ち込めないもの

ショックを受けるドナルド

パークに持ち込めないものをまとめました。

知らずに持って行ってしまった場合は、園外のコインロッカーに預けることになります。

パークに持ち込めないもの

■お酒
■缶、ビン
■ハードケース、スーツケース、キャリーケースなどのカート類
■お弁当(食事制限のある方は除く)
■一脚、三脚
■自分撮りスティック(片手で収まるハンドサイズのものに限りOK)

続いて、飲み物、お弁当類、自分撮りスティックについて詳しく説明していきます。

飲み物の持ち込みについて

元気なプルート

ディズニーリゾートでは、缶とビンの持ち込みを禁止しています。

ペットボトル飲料、水筒はパーク内に持ち込んでも大丈夫です。

お弁当はパーク内への持ち込み禁止

お弁当

お弁当は、パークの中で食べることができません。

ディズニーランド、ディズニーシーを出てすぐの「ピクニックエリア」なら、パーク外で買ったお弁当などを食べられますよ。

パンやおにぎりなどの軽食に関しては、ディズニーリゾート公式ホームページ内に具体的な記述はありません。

つまり、持ち込みが公認されているわけではないということです。(食事制限のある方、小さなお子さんのものは除きます)

パンやおにぎりは開園待ちの時に食べる、ピクニックエリアを利用するなど、パーク外で食べるようにしたいですね♪

自分撮りスティックの持ち込みについて

スターツアーズ右側のハピエストミッキースポット

「スマホに自分撮りスティックを取りつけて写真を撮りたい!」という方もいらっしゃいますよね。

自分撮りスティックは、「小さくたたんで片手で収まるハンドサイズのもの」に限り、パーク内への持ち込みが認められています。

スティックを伸ばしたり、スティックが長かったりする場合は、撮影をすることができなくなります。

自分撮りスティックの禁止事項

■頭の高さを超えての撮影
■スティックを伸ばしての撮影
■長いスティックの使用

まとめ

ダッフィーとステラ・ルー

ディズニーリゾートへ遊びに行く時の持ち物リストでした。

お出かけ前に必要なものをチェックして、パークで楽しく快適に遊べますように!

おすすめの関連記事

【おすすめの購入方法も】ディズニーリゾートのチケット購入方法とそれぞれのメリット・デメリットを知ろう!

ディズニーランドとディズニーシーで効率よくファストパスが取れる順番を解説!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

フォローする

関連コンテンツとスポンサーリンク



スポンサーリンク
レクタングル大