【2019年2月】ディズニーリゾートの混雑傾向と対策

こんにちは!

ディズニーランドではディズニーリゾート35周年のグランドフィナーレ、ディズニーシーではピクサー・プレイタイムと、楽しいイベントが開催中です。

そろそろ「ディズニーリゾートへ遊びに行く日程を決めよう!」と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回の記事では、2019年2月のディズニーリゾートの混雑傾向と対策についてご説明します。

2月のディズニーリゾートの状況を知っておいて、計画を立てる時の参考にしてみてください!

この記事を読んでわかること

■2月のディズニーリゾートの混雑傾向と対策
■混雑に備えてするべき対策
■3連休に行く場合のおすすめの日

スポンサーリンク
レクタングル大

2月のディズニーリゾートの混雑傾向

2月のディズニーリゾートが、どれくらい混雑する傾向にあるのかを説明していきます。

2月の混雑傾向のポイント

■ディズニーシーの方が混雑しやすい
■人気アトラクションは平日でも休日並みの待ち時間
■3連休は入園制限の可能性あり

2月はスリル系アトラクションが多いディズニーシーが人気

タワー・オブ・テラー

2月になると、入試休みの中高生、春休みや卒業旅行の大学生などで、平日もパーク内はにぎわいます。

特に、スリル系アトラクションの多いディズニーシーが人気で、ディズニーランドよりも混雑しやすいです。

2019年もタワー・オブ・テラーが期間限定バージョンになっていますから、学生さんはディズニーシーに行くことが多いでしょう。

ディズニーランドでは、ファミリーにも人気の「プーさんのハニーハント」や「モンスターズ・インク”ライド&ゴーシーク!”」より、「スプラッシュ・マウンテン」の待ち時間が長くなる傾向にあります。

2月は平日だからといって空いているわけではなく、スリル系の人気アトラクションは休日並みの待ち時間になる、ということが大きな特徴です。

2月上旬の傾向

ワンマンズ・ドリームⅡのミッキー

2月上旬には私立中学の入試があり、入試休みの学生の影響で一般的な平日よりも混雑します。

絶叫系のアトラクションは人気が集中し、休日並みの待ち時間に。

とはいえ、ディズニーリゾートの入場者数で見ると、2月上旬は人が少ないです。

絶叫系のアトラクションに人が殺到する一方、ショーはかなり空いているんですよ。

防寒対策さえすれば、ショー目当ての方にはおすすめの時期といえます!

3連休(2月9日~11日)は入園制限に注意

ディズニーランドのエントランスにある花壇

2019年2月は、9日~11日が3連休。

中日の10日(日)が、最も混雑する予想です。

2月9日~11日の混雑度予想

10日(日)>9日(土)>11日(月・祝)

建国記念の日(11日)の時期の休日は、例年かなり混雑する傾向にあり、入園制限がかかる可能性も。

2018年は2月11日の日曜日に、ディズニーランドとディズニーシーの両方で入園制限がかかりました。

3連休にディズニーリゾートへ行く方は、入園制限中でもパークに入れる「日付指定」のチケットを用意しておきましょう。

ディズニーリゾートのチケットについては、こちらの記事で詳しく説明しています。

【おすすめの購入方法も】ディズニーリゾートのチケット購入方法とそれぞれのメリット・デメリットを知ろう!

できれば、レストランの予約もしておくと安心です。

ディズニーリゾートのレストランを予約する方法がわかる!【プライオリティ・シーティング】

ディズニーランドのランチショー・ディナーショーを予約する方法まとめ

2月中旬~下旬の傾向

スプラッシュ・マウンテン

2月中旬になると、高校入試休みの学生、春休みに入った大学生でパークが混雑し始めます。

2月上旬と同じく、平日でもスリル系アトラクションは激混みに。

特に、多くの学校が休みになって混雑の影響を受けやすい、公立高校の入試日は要注意です。

2019年の公立高校入試日(首都圏)

■2月12日~13日:千葉県立高校
■2月14日~15日:神奈川県立高校
■2月22日:東京都立高校
■2月28日:埼玉県立高校

2019年2月のディズニーリゾートの混雑対策

2019年2月にディズニーリゾートへ行くならしておきたい、混雑対策について説明します。

平日はショーが空いている

ハロー、ニューヨーク!のミッキー

2月はスリル系アトラクションに人気が集中し、平日でも休日レベルの待ち時間になります。

一方、ショーは空いており、早い時間から場所取りをしなくても快適に見ることができます。

2月の平日はアトラクション目当ての学生が多く、ショーを待つ人は少ないんですよね。

アトラクション狙いなら日曜日!

センター・オブ・ジ・アースの看板

先ほど説明したように、2月の平日はスリル系のアトラクションが激混みになります。

アトラクション目当てなら、学生が少ない土日を狙った方が空いていることもありますよ。

中でも2月頭の土日は、一般的な休日より混雑が穏やかな傾向。

それ以外の休日であれば、3連休を避けた日曜をおすすめします。

翌日に仕事がある人が多い日曜は、土曜よりも混雑しにくいです。

3連休に行くなら最終日(2月11日)がおすすめ

マイフレンド・ダッフィー

3連休にディズニーリゾートへ行くのであれば、最終日の2月11日(月)がおすすめです。

ディズニーリゾートは連休の最終日になると、混雑が落ち着くことが多いからですね。

ただし、9日や10日が悪天候だと、11日に混雑が集中する可能性が高いです。

天気予報もしっかり確認しておきましょう。

食事は予約をするか時間を早くずらす

特に2月中旬以降は、レストランの混雑対策もしておきたいところ。

パークに人が増えると、ピークタイムのレストランはかなり混雑する恐れがあるからです。

次の項目では、レストラン難民にならないポイントを詳しく説明していきます。

レストランを予約する

ミッキーのチーズがのったピザ

ショーレストランや予約のできるレストランを確保しておくと、屋内でゆっくり座って食事ができます。

ディズニーランドのショーレストランは人気なので、早めの予約を!

ディズニーランドのランチショー・ディナーショーを予約する方法まとめ

パーク内やディズニーホテルで対象のレストランを事前予約しておくと、空席ができしだい優先的に案内してもらえます。

事前予約のサイトをチェックしてみると、当日でも空席があって予約を取れることもありますよ!

特に平日は、当日予約が取りやすいです。

レストランを予約する方法は、こちらの記事で詳しく説明しています。

ディズニーリゾートのレストランを予約する方法がわかる!【プライオリティ・シーティング】

食事の時間を早めにする

セバスチャンのカリプソキッチン

食事を早い時間にずらすことも、かなり効果的です。

朝早くからパークで遊ぶと、意外に早くお腹が空いてきますので、まずはお昼を11時までに食べてしまいましょう。

その流れで、夕食も早めの時間にするといいですよ。

レストランが混雑しにくい時間帯

■午前11時まで
■15時~17時

食事は必ず、早い時間にずらすことがポイントです。

遅い時間にずらしても、ピークの時間帯でさばききれなかったお客さんがレストランに滞在中。

混雑対策としては意味がありません。

まとめ

2019年2月のディズニーリゾートの、混雑傾向と対策についてまとめました。

2月のパーク内は学生が増え、人気アトラクションが軒並み混雑します。

アトラクション目当てなら、平日よりも日曜の方がおすすめです。

3連休は入園制限がかかる可能性も。

前売りチケットが売り切れないうちに、日付指定のチケットを買っておきましょう!

おすすめの関連記事

【2019年3月】ディズニーリゾートの混雑傾向と対策:年間で最も混雑する月

ディズニーランドとディズニーシーで効率よくファストパスが取れる順番を解説!

ショーの抽選も効率よく!アプリで抽選するメリットと方法まとめ【ディズニーランド・ディズニーシー】

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

フォローする

関連コンテンツとスポンサーリンク



スポンサーリンク
レクタングル大