座席からの見え方もおすすめの座席もわかる!ビッグバンドビート完全ガイド

こんにちは!

ディズニーシーでは、ミッキーのドラムプレイが見られるショー「ビッグバンドビート」が人気です。

「ディズニーシーに行く予定だから、ビッグバンドビートを見てみたい!」という方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、ビッグバンドビートを徹底解説します。

座席からのステージの見え方やおすすめの座席はもちろん、どれくらい前から並べばいいのか?など、ビッグバンドビートを見る前に知っておきたいことを詳しく説明していきます。

記事を読んでわかること

■座席からのステージの見え方
■おすすめの座席
■どれくらい前から並べばいいか

スポンサーリンク
レクタングル大

ビッグバンドビートとは

ブロードウェイミュージックシアター

ビッグバンドビートはディズニーシーで上演している、ジャズの演奏と歌がメインのレビューショーです。

最大の特徴は、外国人シンガーの生歌とビッグバンドによる生演奏。

現在のディズニーリゾートで、生の演奏と歌声の両方を楽しめるレギュラーショーは、ビッグバンドビートだけなんですよ♪

ビッグバンドビートでは迫力のある歌や演奏と共に、ディズニーのキャラクターがかっこいいパフォーマンスをしてくれます。

出演キャラクターは、ミッキー、ミニー、グーフィー、デイジーです。

ショー全体としては、ミッキーとグーフィーの出番が多くなっていますね。

ビッグバンドビートの情報

公演時間 約30分
公演回数 1日4~6回
公演場所 ブロードウェイミュージックシアター(アメリカンウォーターフロント)
出演キャラクター ミッキー、ミニー、グーフィー、デイジー
抽選 2回目以降の公演の1階席が対象

抽選について

ショー抽選の当選券

ビッグバンドビートでは、2回目以降の公演の1階席に抽選を行っています。

初回公演の全ての座席と、2回目以降の公演の2階席は自由席です。

抽選に外れてしまっても、初回公演か2階席からショーを見れるということですね!

ショーの抽選は、ゴンドリエ・スナックの右隣にある抽選所か、スマートフォンのアプリでできますよ。

ショーの抽選については、こちらの記事で詳しく説明しています。

【ディズニーランド・ディズニーシー】ショー抽選の方法を解説!外れた時の対処法も

抽選に当たったらショーが始まる10分前には、会場のブロードウェイミュージックシアターに着いているようにしましょう。

席の配置がわからないと、指定された座席を探すのにも手間取ってしまうからです。

入場時には、抽選に使った人数分のチケットが必要です。

当選券では入場できないので、チケットは絶対になくさないようにしてくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル大

座席からのステージの見え方

ビッグバンドビートの座席配置は、以下のようになっています。

ビッグバンドビートの座席配置図

ステージに向かって1階席の前方左側からAブロック、Bブロック、Cブロック。

1階席の後方が、左側からDブロック、Eブロック、Fブロックです。

1階席後方の上には、2階席があります。

それでは、それぞれの場所からどのようにステージが見えるのか、詳しく説明していきますね。

スポンサーリンク
レクタングル大

Aブロック

Aブロックでは、前方の左側からステージを見ることになります。

ビッグバンドビートのAブロックの座席

写真は、Aブロック7列目の中央付近で撮っています。

左端になるほど角度がつき、Bブロックに近い右側になるほどステージ全体が見渡しやすいです。

座席にこだわりがある方でなければ、角度は特に気になりません。

Bブロック

Bブロックは、前方の中央に位置する席です。

ステージ全体が見やすく、なおかつショーの迫力や臨場感も強く感じられます。

8列目中央

ビッグバンドビートのBブロック前方の座席

14列目左側

ビッグバンドビートのBブロック後方の座席

Cブロック

Cブロックは、前方の右側からステージを見る座席です。

右側になるほど角度がつきますが、こだわりがなければ気になることはなく、近い位置からショーを楽しめますよ。

ビッグバンドビートのCブロックの座席

写真は、Cブロック10列目の右側から撮影しました。

右から5席くらいの位置で、かなり端の方になります。

D・E・Fブロック

1階席後方のD・E・Fブロックは、ステージから距離はあるものの、ショーを見るだけなら問題なく楽しめます。

ビッグバンドビートの1階席後方

写真はEブロック最前列の中央から、少しズームをして撮ったものです。

1階席後方の最前列は前の人の頭がほとんど気にならず、2列目以降よりも前との間隔が広くてゆったり座ることができ、おすすめです。

2階席

2階席は、D・E・Fブロックの上からステージを見下す形です。

左・中央・右と、3つのブロックに分かれているところは1階席と同じですね。

ビッグバンドビートの2階席

写真は、2階席の中央ブロックから撮影しています。

ステージからある程度の距離を感じますが、ショー全体が見やすく、抽選に外れてもビッグバンドビートを楽しめるようになっていますよ。

スポンサーリンク
レクタングル大

おすすめの座席

ビッグバンドビートを見る時、おすすめの座席を紹介します。

キャラクターを近くで見たい方、抽選に外れてもなるべくいい席で見たい!という方は参考にしてみてください♪

臨場感重視!ショーをできるだけ前で楽しみたい

ビッグバンドビートの前方席

初回公演で席を自由に選べるなら、絶対にA・B・Cブロックがおすすめです。

特に、前から10列目以内の座席でショーを見ると、臨場感がすごいですよ!

AブロックやCブロックの端でも、キャラクターやシンガーのパフォーマンスを近くに感じ、十分すぎるほど楽しめます。

AブロックとCブロックの座席で、できるだけステージ全体を見たいなら、Bブロック側から5席以内に座るといいです。

ミッキーが好きな人向け

ビッグバンドビートのミッキー

ミッキーが好きで、かっこいいパフォーマンスを近くで見たい!という方には、断然Bブロックをおすすめします。

ミッキーはショー中、ほぼステージのセンターにいるからです。

1曲目の登場シーン、終盤のドラム、タップダンスなど、かっこいい見せ場はステージのセンターなんですね。

スポンサーリンク
レクタングル大

ミニーが好きな人向け

ビッグバンドビートのミニー

ミニーが好きな方におすすめしたい座席は、こちらです。

■Bブロック
■Cブロックの右端にある通路側10列目まで

ミニーが登場するのは、ステージ中央です。

その後もステージのセンターにいることが多いため、登場シーンもパフォーマンスも見やすいBブロックはおすすめですよ。

曲中にミニーが通る、「Cブロックの右端にある通路側10列目まで」の座席は、ミニーをすぐ近くで見るチャンス!

スポンサーリンク
レクタングル大

グーフィーが好きな人向け

ビッグバンドビートのグーフィー

グーフィーが好きな方には、以下の座席がおすすめです。

■Bブロック
■Aブロック右側

グーフィーは多くのパフォーマンスやシンガーとのMCを、ステージの中央で行っています。

左側にあるピアノの近くで指揮をしている曲もあるので、Bブロックの中でも左側か、Aブロックの右側に座るといいですね。

デイジーが好きな人向け

ビッグバンドビートのデイジー

デイジーが好きな方におすすめの座席は、以下の通りです。

■Bブロック
■Aブロックの左端にある通路側10列目まで

デイジーの見せ場は、「Diga Diga Doo」という曲のセクシーなダンスです。

この曲の間はステージのセンターでずっと踊っているので、Bブロックだとすごく見やすいですよ。

デイジーが「Four Brothers」の曲中に通る、「Aブロックの左端にある通路側10列目まで」もおすすめ。

かわいい衣装のデイジーを、目の前で見ることができちゃいます!

2階席:抽選に外れた時のおすすめの座席

ビッグバンドビートのグッズ

2階席で特におすすめなのは、中央ブロックの2~3列目です。

私がビッグバンドビートの抽選に外れて2回目以降の公演を見る時は、空席があったら真っ先にここを選択します。

なぜ1列目にしないのかというと、2階席の最前列には柵があるからです。

視界の妨げにはならないのですが、目線の下に柵がチラついて落ち着かないんですよね…。(個人的な感想です)

柵の存在が気になる最前列よりも、最初から2~3列目の座席を選んでしまいます。

左右ブロックの2~3列目もおすすめです。

4列目以降はステージがやや遠いかなと感じますね。

ただし、左側ブロックの右端、右側ブロックの左端だけは注意が必要です。

2~3列目は柵がピンポイントで邪魔になり、ステージの一部が見えにくくなってしまいます。

スポンサーリンク
レクタングル大

ビッグバンドビートはどれくらい前から並べばいい?

ビッグバンドビートのクリスマスツリー

ビッグバンドビートの自由席は、どの回も先着順です。

どれくらいで案内終了になるのかは、その日の状況や混雑度、並ぶ回によって違ってくるんですね。

ここからは、初回公演と2回目以降の公演について、列に並ぶタイミングの目安を説明します。

あくまでも参考程度に考えていただけると幸いです。

「席にはこだわらず、どこでもいいからビッグバンドビートが見れればいい」人向けの目安になっています。

Bブロックに座りたいなら、1時間30分~2時間は待つつもりでいてください。

抽選のない初回公演

ビッグバンドビートの座席

初回公演は抽選がなく、すべての座席が自由席です。

収容人数が多いため、それほど長い時間待たなくてもビッグバンドビートが見れますよ。

初回公演に並ぶ目安

■平日:ショー開始30分前
■休日:ショー開始40~60分前

平日は、入場の始まる「ショー開始30分前」くらいに並ぶと、立って待つ時間を短くできます。

AブロックやCブロックにも座れますよ!

10~15分前でも2階席を案内していることが多いです。

休日は、ショーが始まる30分前よりも先に並んでおきたいところ。

混雑していると早めに案内終了になることがあるので、余裕を持って並んでくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル大

抽選のある2回目以降の公演

ブロードウェイミュージックシアター

2回目以降の公演は、抽選に外れると2階席の列に並ぶことになります。

初回公演よりも大幅に席数が少なくなっているので、早めに並ぶ必要があります。

ランチタイムやイベントのショーと時間が重なっている2~3回目公演は比較的空いていて、4回目以降の公演から人が多くなる印象ですね。

特に、その日最後の公演はファンからの人気が高く、案内終了が早まることも。

2回目以降の公演に並ぶ目安

■平日:ショー開始60分前
■休日:ショー開始60~90分前

平日の2階席待機列は、40~50分前に案内終了することが多いです。

2~3回目公演だと日によっては30分前でも案内していますが、絶対にビッグバンドビートを見たいなら、60分前に並んでおけば安心かと思います。

休日は、その日の混雑状況によって案内終了の早さがバラバラです。

60分前には並んでいるようにしておいて、混雑日や4回目以降の公演はさらに余裕を持って並ぶといいでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル大

小さな子どもでもビッグバンドビートを楽しめる?

ビッグバンドビートのクリスマスツリーのオーナメント

ビッグバンドビートはテーマパークのショーなので、子どもを連れた家族もたくさん見に来ていますよ。

音楽とキャラクターが好きな3歳以上のお子さんなら、十分に楽しめると思います。

2歳以下の小さなお子さんを連れて行こうと思っている場合は、以下の点に注意が必要です。

注意しておきたいこと

■歌はすべて英語
■2曲目が終わるまで場内は暗い
■キャラクターが全く出ない時間が5分以上ある
■ドラムや管楽器(サックスなど)の音がかなり大きい

お子さんが途中で飽きてしまわないか、暗い場所や大きな音を怖がらないか、事前に考えてから並ぶといいですね。

不安なら、退出しやすい1階の右端か左端の通路に座っておくと安心です。

ステージから距離のある、2階席で見るのも手段のひとつです。

スポンサーリンク
レクタングル大

ビッグバンドビートの見どころ

ビッグバンドビートの見どころを3つ説明します。

見どころ1:ビッグバンドビートでしか見れない!ミッキーのドラムとグーフィーの指揮

ビッグバンドビートのポストカード

ミッキーはショーの終盤、「Sing Sing Sing」という曲でドラムを披露します。

中でも、ミッキーの演奏をドラマーが即興でコピーして返すシーンが見せ場です。

このセッションは毎回アドリブで、ミッキーからどんなテクニックが飛び出すのかドキドキさせられるんですよ♪

「ミッキーマウスマーチ」のリズムを叩くミッキーが見られることもあります!

グーフィーはコンサートマスターとして、指揮で大活躍。

いつもはどこか抜けているグーフィーですが、ビッグバンドビートでは大人ですごくかっこいい姿を見ることができるんです。

ビッグバンドビートを見終わったら、誰もがグーフィーのことを大好きになるはず!

見どころ2:大人っぽい華やかな衣装

ビッグバンドビートのデイジーのぬいぐるみバッジ

どのキャラクターも、普段とは違う大人っぽい衣装で登場するので、そこも大きな見どころですね!

ミッキーとグーフィーはタキシード、ミニーとデイジーは色鮮やかなドレスをすてきに着こなしているんですよ。

ビッグバンドビートでしか見られない衣装に注目して、ショーのキラキラした空間をさらに楽しんでください♪

見どころ3:行くたびに内容が違う

ビッグバンドビートには、まったく同じ公演が存在しません。

なぜなら、9曲目が「ランダム曲」だからです。

ランダム曲は4パターンで用意されており、シンガーとグーフィーがその場で「どの曲を歌うのか決める」演出があるんですね。

ビッグバンドビートのランダム曲

曲名 歌唱シンガー
All Of Me 男性シンガーソロ
‘S Wonderful 男性シンガーソロ
Bye Bye Blackbird 女性シンガーソロ/男女シンガーのデュエット

ランダム曲は歌う直前まで、どのパターンになるのかわかりません。

その回ごとのお楽しみというわけなんです。

シンガーによって歌い方やアレンジが変わるので、同じ曲なのにそれぞれ違った印象を受けるのも面白いですよ!

ビッグバンドビートの禁止事項

ビッグバンドビートの禁止事項について説明します。

ショーが始まってからの撮影は禁止

撮影禁止のイラスト

ショーが始まってからは、いかなる撮影も禁止されています。

記念撮影はショー開始前に済ませて、カメラや携帯電話はバッグの中にしまっておいてくださいね。

ショー中にスマホなどの液晶画面をみるのも、周りの方の迷惑になるのでやめましょう。

後ろの人の視界を妨げない

ショー鑑賞中は、後ろの人の視界を妨げないようにします。

■耳や大きな飾りのついた帽子、カチューシャなどは外す
■前のめりにならない

「前のめりになっての鑑賞はご遠慮ください」ということは、特に2階席のキャストさんが何度も呼びかけています。

2階席はステージを上から見下ろす形になっています。

前のめりになってしまうと、頭で後ろの人の視界を大きく塞ぐことになるのでやめましょう。

背中は背もたれにつけたままでの鑑賞がマナーです。

ビッグバンドビートのセットリスト

ビッグバンドビートの立て看板

ビッグバンドビートで演奏される曲のリストです。

ジャズの有名曲が多く使用されています。

1.It Don’t Mean a Thing
2.Night and Day
3.Take the “A” Train/The Lady Is a Tramp
4.Stompin’ at the Savoy
5.Jumpin’ Jive
6.Diga Diga Doo
7.Cheek to Cheek
8.Four Brothers
9.ランダム曲から1曲
■All Of Me
■’S Wonderful
■Bye Bye Blackbird
10.Sing Sing Sing
11.It Don’t Mean a Thing

ブロードウェイミュージックシアターの場所

夜のブロードウェイミュージックシアター

ビッグバンドビートを上演しているブロードウェイミュージックシアターは、アメリカンウォーターフロントというエリアにあります。

エントランスからショップが並ぶ通りを抜けたら、左に曲がって橋を渡ってください。

橋を渡りきり、左側の道を進むと、ブロードウェイミュージックシアターが見えてきます。

「BIG BAND BEAT」の電飾がある、大きな建物が目印です。

まとめ

ビッグバンドビートの座席からの見え方、おすすめの座席、並ぶ時間の目安を中心に説明しました。

お出かけ前に情報をチェックしておいて、キャラクターの大人っぽい魅力あふれるパフォーマンスと、シンガーやビッグバンドの音楽を堪能してください♪

おすすめの関連記事

【ディズニーランド・ディズニーシー】ショー抽選の方法を解説!外れた時の対処法も

キャラクターの動きがわかる!「ハロー、ニューヨーク!」鑑賞ガイド

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

フォローする

関連コンテンツとスポンサーリンク



スポンサーリンク
レクタングル大