フリーグリーティングでキャラクターと写真を撮るには?方法とコツを紹介!

こんにちは!

ディズニーランドとディズニーシーでは、遊びに来ているキャラクターと触れ合える「フリーグリーティング」があります。

グリーティング施設にはいないキャラクターと会えるチャンスですが、慣れていないと、「写真を撮ってもらうにはどうすればいいの?」と戸惑うことがあるかもしれません。

今回の記事では、フリーグリーティングでキャラクターと写真を撮る方法やコツをご紹介します。

グリーティング施設とは違った楽しさがありますので、フリーグリーティングのことを知っておいて、たくさんのキャラクターと仲良くなってください♪

スポンサーリンク
レクタングル大

フリーグリーティングとは

ディズニーランドのフリーグリーティングで会えるトゥルーズ

フリーグリーティングは、パーク内に遊びに来たキャラクターと、列を作らずに触れ合うグリーティングのことです。

フリーグリーティングに列を作るという概念はなく、キャラクターから話しかけてくれたり、自分たちで声をかけたりすることで、グリーティングができるんです。

フリーグリーティングが行われるエリアはキャラクターによって決まっていますが、遊びに来てくれる時間はランダム。

どのキャラクターがいつ出てくるかはわからないので、出会えたらラッキー!ということですね♪

ディズニーランドのファンタジーランドには、白雪姫などのプリンセスやアリス。

ディズニーシーのアラビアンコーストには、アラジンとジャスミンたちが遊びに来るなど、エリアに合ったキャラクターが登場することも特徴です。

フリーグリーティングでキャラクターと写真を撮る方法

ディズニーシーのフリーグリーティングで会えるモンキー

フリーグリーティングでキャラクターと写真を撮るには、キャラクターに選ばれてから「一緒に写真を撮ろう!」などとお願いする必要があります。

来てすぐ、キャストさんにカメラを渡して「写真撮ってもらえますか?」と言っている方がたまにいますが、まずはキャラクターにお願いして「いいよ!」をもらうのが先なんです。

キャラクターと目が合ったりしたタイミングで声をかけて、キャラクターが自分たちのところへ来てくれたら、「一緒に写真を撮りたい」ことを伝えてくださいね。

そうすると、キャストさんや周りで待っている方が撮影をお手伝いしてくれます。

フリーグリーティングのコツ!

フリーグリーティングでは、キャラクターから話しかけられるか、自分たちで声をかけて選ばれなければ写真を撮ることができません。

できるだけ、キャラクターに選んでもらいやすい状況を作るコツを紹介していきますね。

キャラクターの視界に入る場所で待つ

手でまるを作っているプルート

フリーグリーティングで最も大切なことだと思っています。

キャラクターに気付いてもらう、声をかけてもらいやすくするには、キャラクターから見える場所にいることが必要だからです。

キャラクターの後ろや横ではなく、正面付近で待っているようにしましょう。

キャラクターと目が合ったらアピールする

元気なプルート

前の人のグリーティングが終わると、キャラクターは「次は誰とお話しようかな?」という態勢に入ります。

その時に目が合ったら、キャラクターの名前を呼んだり、手を振ったりしてアピールしてみてください。

キャラクターが気がついて、選んでくれるかもしれません♪

名前がわからないキャラクターは、キャストさんに聞けば喜んで教えてくれますよ!

カメラのお手伝いをする

プルート

フリーグリーティングでは、キャラクターに必ずキャストさんが付き添っていますが、お客さんの対応などですぐに写真を撮れないこともあります。

そんな時、撮影をお手伝いしてあげると、キャラクターが次の順番で選んでくれるかも♪

必ず選ばれるとは限らないですが、グリーティングしたくて待っていることを、キャラクターにアピールしやすくなるはずです。

子連れは本当に有利?

ドリーミング・アップ!のピノキオ

フリーグリーティングでは子どもが選ばれやすい…という情報を目にすることが多いですが、私が見てきた中では、必ずしもそうではないと感じます。

むしろ、お子さん連れも大人だけのグループも、平等に選んでいる印象でした。

子どもがアピールしている中、「ちょっと待ってね」と、先に待っていた大人だけのグループを選んでいたのも見たことがあるくらいです。

なので、「子連れは選んでもらいやすい」というのは、正しい情報とは言えないように思います。

ですが、キャラクターは子どもにとっても優しいですよ♪

グリーティング全般に言えることですが、キャラクターは子どもが大好き。

優しくたくさんお話したり、遊んだりしているところをよく見ます。

状況やタイミングによっては、手を繋いでお散歩していることも!

フリーグリーティングでできること

かわいいポーズをするドナルド

フリーグリーティングでは、通常のグリーティングと同様に、写真撮影やサインなどをしてもらうことができます。

サインをしてもらいたい場合は、選ばれる前から紙とペンを用意しておいてくださいね。

フリーグリーティングのキャラクターは、時間が来ると帰ってしまいます。

たくさんのお客さんがキャラクターと触れ合えるよう、配慮しましょう♪

フリーグリーティングのNG事項

フリーグリーティングのNG事項です。

通常のグリーティングとは違う状況でのグリーティングなので、知らない方は確認しておくと安心ですよ!

他の人のグリーティングに割り込む

2017年のパレードに出ていたゴースト

他のお客さんがグリーティングしている間は、邪魔をしてはいけません。

早くキャラクターと写真を撮りたい気持ちをおさえて、前の人がキャラクターとバイバイしてから声掛けなどをするようにします。

他の方がグリーティングしている横で、自撮りなどをするのもやめましょう。

フリーグリーティングの邪魔になる行為

■選ばれていないのに割り込む
■キャラクターと自撮りなど、写真撮影の邪魔になること
■グリーティング中のキャラクターへの声掛け
■勝手にキャラクターを触る

子どもを強引に前に出す

マイフレンド・ダッフィー

子どもだけを前に出して「行ってきなさい!」というようなパターンですね。

子どもなら選ばれやすいと思ってやっているのかもしれませんが、危険な行動なので絶対にやめてほしいです。

子どもだけを前の方に行かせてしまうと、勝手にキャラクターを触るなど、他のお客さんのグリーティングを邪魔してしまうかもしれません。

最悪、後ろからキャラクターに近づいて、子どもに気づいていないキャラクターが急に動きを変え、ぶつかってけがをしてしまう…ということも起こり得ますよね。

子どもだからと、優先的にキャラクターが選んでくれるわけではありません。

お子さんを守るため、グリーティングを邪魔しないためにも、お子さんから目を離さないようにしましょう。

まとめ

シンデレラ城

フリーグリーティングでキャラクターと写真を撮る方法と、選んでもらいやすくなるコツを紹介しました。

大切なのは、キャラクターの視界に入ることと、目が合った時にアピールすることです!

フリーグリーティングでは、グリーティング施設で会えないすてきなキャラクターがたくさんいます。

出会えたらラッキーなので、楽しくお話してみてくださいね♪

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

フォローする

関連コンテンツとスポンサーリンク



スポンサーリンク
レクタングル大