【2019年7月】ディズニーリゾートの混雑傾向と対策【夏休み】

こんにちは!

7月は夏休みになり、旅行やレジャーの機会が増える時期。

夏休みはディズニーリゾートへ遊びに行こう、と考えている方もいらっしゃるかと思います。

今回の記事では、7月のディズニーリゾートがどのくらい混雑する傾向にあるのか、ということを説明します。

少しでも快適に遊べるよう、混雑の傾向をチェックしてみてください!

この記事を読んでわかること

■2019年7月のディズニーリゾートの混雑傾向と対策
■3連休の混雑度予想
■夏休みに行くなら7月がおすすめな理由
■休日に行くおすすめの曜日

スポンサーリンク
レクタングル大

7月のディズニーリゾートの混雑傾向:熱中症対策が万全なら狙い目!

7月のディズニーリゾートは空いていると言える時期で、夏休み前の中旬まではイベントが始まっていても人は少なめ。

夏休みに入った7月下旬も大きく混雑するほどではなく、夏休みの中では空いている方です。

7月の混雑傾向のポイント

■7月は年間でも空いている時期
■7月中旬頃までが特に空いている
■梅雨明けまでの休日は天候の影響が大きい
■夏休みに行くなら7月中に

7月中旬(21日)までは快適に遊べる!

モンスターズ・インク“ライドアンドゴーシーク!”

7月のディズニーリゾートは、年間の中でも空いている時期になります。

特に学校が夏休みになる前の7月中旬頃までが空いており、アトラクションもグリーティングも待ち時間が短いです。

平日の日中、ジャングルクルーズが5分待ちということもありました。

暑さ対策をすれば、快適にパークで遊ぶことができるんですよ。

3連休(13日~15日)は中日を避けて

7月には海の日を含む3連休がありますが、例年通りだと入園制限クラスの混雑になることはないです。

ただし、他の週の休日よりも混む恐れはありますので、できることなら3連休以外の土日に行った方が安心でしょう。

3連休にディズニーリゾートへ行くなら中日の14日は避け、初日か最終日を狙うことをおすすめします。

3連休(7月13日~15日)の混雑度予想

14日(日)>13日(土)>15(月・祝)

3日間の天候条件が同じであれば、最終日の15日が最もおすすめです。

翌日はまだ夏休みに入っていないところも多く、休日としては比較的落ち着いたパークになると予想しています。

スポンサーリンク
レクタングル大

7月下旬(22日以降)は平日に人が増えてくる

ディズニー夏祭りのデコレーション

夏休みが始まると、ディズニーリゾートは平日も人が多くなってきます。

とはいえ、夏休みが始まったばかりの7月下旬は、まだ本格的な混雑ではありません。

アトラクションなどの待ち時間もそれほど長くならないので、夏休みに遊びに行くならおすすめの時期!

また、7月下旬は休みになった学生を中心に、平日に人が増えていく傾向です。

休日にはさほど影響がなく、通常の土日程度の混雑度となります。

7月23日(火)にソアリンがオープン後はシーがやや混雑か

2019年7月23日には、ディズニーシーで2つの新規オープンが重なります。

1つめは、新アトラクションの「ソアリン:ファンタスティック・フライト」。

2つめは、ミッキーたちのショー「ソング・オブ・ミラージュ」です。

注目のコンテンツが同時オープンしますので、7月23日以降はディズニーシーに人が集まる可能性があります。

休日は梅雨明けまで天候の影響に注意

梨のシェイブアイス

7月の休日は梅雨明けまで、天候の影響を受けやすいことに注意が必要です。

休日のディズニーリゾートは一般的に日曜日の方が空いていますが、土曜日が悪天候になると例外に。

天気の悪い土曜が空き、日曜が晴れると混雑が集中するのです。

このように、休日はどちらかの天候が悪くなると、もう一方の日に混雑が集中しやすくなります。

2019年7月のディズニーリゾートの混雑対策

7月にディズニーリゾートへ行く時の混雑対策について説明します。

より快適なパークで遊ぶために、お出かけの時期を検討しましょう。

平日に行けるなら中旬(19日)までに行く

ディズニーシーのウィッシングプレイス

7月の平日にディズニーリゾートへ行けるのなら、学校が一斉に休みになる前の19日(金)までに行っておきましょう。

特に七夕期間(5日まで)は空いていて、アトラクションもグリーティングも短い待ち時間で体験できます。

パーク内に人が少ないので、暑くても屋内レストランで気軽に休めるというメリットも。

休日は日曜日を狙う

休日に行く場合は、3連休を避けた日曜日がおすすめです。

天候の影響がなければ、ディズニーリゾートは土曜日よりも日曜日の方が少し空いているんですね。

夏休みが始まってからも、7月のうちは人が増えてくるのは平日。

夏休みは休日への影響が少なく、大混雑になることはありません。

夏休みのお出かけは7月下旬がおすすめ

リロのルアウ&ファンのスティッチ

8月になると遠方からの旅行者が増え、パーク内は平日でも混雑するようになります。

夏休みにディズニーリゾートへ行くなら、できるだけ7月中に行くといいですよ。

夏休みが始まったばかりの時期はまだ混雑が本格化しておらず、8月よりも快適にパークで遊べます。

暑くて混んでいるとなると大変ですから、暑くてもそれほど混んでいない7月はおすすめです。

スポンサーリンク
レクタングル大

夕方から遊ぶ

右横からのドックサイドステージ

日差しの落ち着いた夕方や夜から行くのも、7月のディズニーリゾートではおすすめの遊び方です。

アトラクションは夜に待ち時間が短くなるので、短時間の滞在でも満足度が高くお得感があります。

ファストパス対象の人気アトラクションも、閉園直前なら20~30分で乗れちゃいます!

また、屋外のショーは日中に公演がなく、16時台に初回公演というものがほとんど。

夕方以降にパークへ行っても、楽しめる要素はたくさんあるんですよ!

休日は午後3時から販売される「スターライトパスポート」、平日は夕方5時からの割引料金「夏5ウィークデーパスポート」を利用しましょう。

暑さのやわらいだ時間にアトラクションやショーをたくさん楽しんで、効率よく密度の濃い時間を過ごせるはずです。

まとめ

7月のディズニーリゾートの混雑傾向と対策について説明しました。

7月はディズニーリゾートが空いている時期で、平日はもちろん夏休みや休日も割と快適に遊べます。

夏休みにパークへのお出かけを考えているなら、7月のうちに行けると安心ですよ。

おすすめの関連記事

【必見!】夏のディズニーリゾートを快適に過ごすための持ち物リスト

【2019】夏休みのディズニーは夕方からがお得!平日限定チケット「夏5ウィークデーパスポート」

ディズニーリゾートが空いている時期・曜日を詳しく解説

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

フォローする

関連コンテンツとスポンサーリンク



スポンサーリンク
レクタングル大